ふるさと納税を利用した旅行の費用の節約術

ふるさと納税とはどのような制度か

ふるさと納税というのは、地方自治体に対して寄付を行うことによって、その寄付金額の一部を所得税や住民税から控除することができるという仕組みです。一部というのは2,000円が自己負担となるためで、例えば10万円を寄付すれば9万8,000円は税金から還付されることになります。この制度がお得なのは、寄付を受ける自治体ごとに様々な返礼品を用意していることで、見方を変えると2,000円を支払うだけで、それらの品々を手に入れることができるということが言えます。このふるさと納税を利用して旅行費用を節約することができるので、以下でご紹介します。

ふるさと納税を使った節約法

国内外を問わず旅行費用の中で大きな割合を占めるのは交通費と宿泊費です。前述の通り、ふるさと納税をすることによって様々な返礼品を受け取ることができますが、自治体によっては地元の有名ホテルや温泉宿などの宿泊券を返礼しているところがあり、これを利用すれば実質的に2,000円を負担するだけでそこに宿泊することが可能となります。さらにお得なのは、旅行会社のギフト券を返礼品として提供している自治体があることで、それを入手すれば旅行会社が提供しているツアーパッケージなどの支払いに充当することができるため、旅行先がどこであれ節約することができることになります。なお、以前は返戻率が50パーセントというギフト券の返戻品がありましたが、流石にやりすぎということで規制されたため、今ではもう少し低めとなっています。それでも十分に利用価値はあるため、旅行の予定がある場合は一度試してみてはいかがでしょうか。

バイザポートとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です