飛行機で国内旅行をしよう!一人旅行と家族旅行ではお得な手配方法が違う?

格安航空券の買い方のポイントを知っておこう

飛行機で国内旅行をすると短い時間で遠くまで行けるだけでなく、格安航空券を手配するだけでかなり交通費も削減できます。格安航空券は様々なサービスをオプションにすることで安くなっているのが特徴です。そのため、買うときには必要なサービスを厳選して申し込むことが安上がりにするのに重要なポイントです。ただし、どのようにオプションを選ぶかは一人旅行の場合と家族旅行の場合で異なることも多いので気をつけましょう。

一人旅行と家族旅行の違い

一人旅行と家族旅行で違うのは一緒に行く人がいるかどうかです。これによって座席指定の必要性と受託手荷物の工夫の仕方が変わります。家族で飛行機に乗る場合には全員が近い席になるようにしたいと考える場合が多いでしょう。座席指定は有料というのが基本ですが、申し込んでおいた方が良いオプションです。航空会社を比較するときには座席指定料金も加味しておく必要があります。受託手荷物については荷物が多くなることを想定して申し込んでおいた方が良いでしょう。ただし、全員が申し込む必要はありません。大きなスーツケースを一つ預けられればかなりの荷物を積み込めます。必要な数だけ申し込むのが基本戦略です。

座席指定と受託手荷物はパッケージになっているチケットもあります。預けたい荷物の数だけパッケージで申し込み、座席指定だけで良い人はオプションで申し込むという形にするとさらに安上がりにできるでしょう。一人旅行の場合と違って工夫できる部分が多いので、家族旅行のときには色々な可能性を考慮するのが大切です。

バイザポートとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です